[PR] グループウェア ボーイズニューヨークガイド - ニューヨーク一人旅 DREAMING NY

ニューヨーク一人旅 DREAMING NY

毎年のようにニューヨーク一人旅をしている私が、一人で入れるレストラン、NY観光スポット、一人旅に向くホテル、最新ブロードウェイミュージカル情報、NY旅行記など、NY情報満載でお届けします!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
「ボーイズニューヨークガイド」という本を読みました。
ボーイズニューヨークガイド―ウキウキニューヨークガイドブックボーイズニューヨークガイド―ウキウキニューヨークガイドブック
宮本 真


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ボーイズというタイトルのとおり、ヒップホップ、B-BOY系の人の視点から見たニューヨークガイドということで、今まで私がほとんど意識していなかった視点から書かれたニューヨークで、なかなか興味深かったです。

ヒップホップ誕生の歴史として、「若者の喧嘩が殺し合いに発展することもあった時期、ギャングのリーダーがブロックパーティを開いて、皆で楽しめる場所を作った。そこで、暴力でなくヒップホップダンスバトルをするようになった…」というのが書いてあって、ウェストサイドストーリーを地でいくような事実に、うう~んと思ったり。
ブレイクダンスの練習場なども書かれていて、ブルックリンの「Bushwick community center」というところで、誰でも無料で入館して練習できるのだとか。

ブルックリンやハーレムの気軽なお店やクラブも載っているのも珍しいですよね。
カレーのSonar Gaowや、「サンドイッチがとにかくうまい! いつも行列」というThe Crosby Connectionなど行ってみたいお店の情報もありました。(私オススメのShake Shackも載ってます(^^))

百人いれば百通りのニューヨークがある…、ということに改めて気づかせてもらえた本です。
関連記事
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gogony.blog5.fc2.com/tb.php/53-a92fbbe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
トーソー出版より、最新トレンドを発信する街:ニューヨークのインテリアショップ229店を紹介した初のインテリアガイド「ニューヨークインテリアガイド ~2度目のNYはインテリアショップを極める!」が3月中旬から発売されています。  マンハッタンとブルックリンを11?...
2008/05/18(日) 07:39:02 | Interior Shop Daityou