[PR] グループウェア NHK BSで海外ミュージカル三昧♪ - ニューヨーク一人旅 DREAMING NY

ニューヨーク一人旅 DREAMING NY

毎年のようにニューヨーク一人旅をしている私が、一人で入れるレストラン、NY観光スポット、一人旅に向くホテル、最新ブロードウェイミュージカル情報、NY旅行記など、NY情報満載でお届けします!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
日本中の人がサッカーワールドカップ日本カメルーン戦を見ていたようなのに、一人で気づかずにNHK BS-hiでミュージカル「ジキル&ハイド」をリアルタイムで見てしまった、柚子です♪(笑)

今週はトニー賞の生中継もあって、NHKは海外ミュージカル放送が続いてますね~。
トニー賞は、MEMPHISが強かったですね。あと、キャサリン・ゼタ・ジョーンズとか、デンゼル・ワシントンとか有名人受賞が多かった(笑)。
個人的には、やっぱり「ラ・カージュ・オ・フォール」が面白そうだわ~と思い、見たい候補の上位に躍り出ました♪ 女装ダンサー役の方々が、日本人キャストの場合と違ってかなりマッチョな感じなのも面白いですね(そして、素晴らしくスタイルがいい!)

ただ、やはり日本語の同時通訳がウザい感じなので、

「第64回トニー賞授賞式2010」(録画・字幕スーパー)
 6月20日(日)BS2 PM1:00~3:30
 6月26日(土)BShi PM3:30~6:00 

で、もう一度録画し直して見たいなと思っています。

上に書いた「ジキル&ハイド」ですが、私が初めてニューヨークに行った10年くらい前に見た、思い出の作品だったので、懐かしく拝見してました。キャストは私が見たときと違いますが。
「ジキル&ハイド」は、クライマックスシーンの、主役の役者さんが一人超高速早変わりで、ジキルとハイドを演じ分けるのが見ものの作品で、テレビで見たデヴィッド・ハッセルホフは素晴らしかったです。
で、私が見た時は、スキッド・ロウのセバスチャン・バックがやってて、歌はお上手だったんですけど(ロック歌手だから)演技的には微妙なものがあり(ファンの方ごめんなさい、でもジキルは似合ってましたよ)、そのクライマックスで「右を向いたらジキルで左を向いたらハイドになる」っていうのがめっちゃおかしくて(^_^;)。
一緒に見てた母と、旅行後もずっと「あのときのジキルとハイドは面白かったねー」と盛り上がりました(←なんか解釈が間違ってる(笑))。

いま、YOTUBEセバスチャン・バックのその場面がないか探したけど、発見できませんでした。残念。
代わりにDAVID HASSELHOFF版で↓


そんな思い出の作品がまた見られて、嬉しかったです。

このトニー賞がらみでないのですが、もう一つ。
日曜日にたまたま、NHK特集のスーザン・ボイルの番組の再放送を見ました。
内容は知らないで見てたんですけど、これ、海外ミュージカルファンにはめちゃオイシイ番組だったんですね。

まず、スーザン・ボイルが憧れるという、エレイン・ペイジがゲストで登場し、デュエット! 


ミュージカル「チェス」の「I KNOW HIM SO WELL」でした。

そして、スーザン・ボイルといえば「レ・ミゼラブル」の「I DREAMED A DREAM(夢破れて)」なんですが、最後にこの曲を歌う段階になって、なんと! ロンドンの「レ・ミゼラブル」キャストが登場し、「ONE DAY MORE」を熱演!
それに続いて「I DREAMED A DREAM」を歌うという流れになってました。

知らないで見てたので、この展開に一人興奮! 録画しててよかったと思いました(笑)。
岡幸次郎さんテイストのジャベールとか、とってもイケメンなアンジョルラスとか、最近ロンドン行ってないけど、またロンドンで「レミゼ」見たいわ~、と映像見て思いましたね。

その場面がコチラです↓


スーザン・ボイルさんはテレビ番組→YOUTUBEから有名になった方ですが、やっぱり彼女がこれほど受け入れられたのは、やっぱり楽曲の力、というか「レ・ミゼラブル」が素晴らしかったからじゃないか、と思います。
作品の根底にある「生きる力」というのが、彼女自身とリンクしてうまくマッチからじゃないかな、と。

今夜は「KISS ME KATE」の放送がありますね。楽しみです♪

関連記事
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
コメント
この記事へのコメント
DAVID HASSELHOFF
いまさらのコメントで失礼します。
DAVID HASSELHOFFってこんなカッコいい人だったんですね。
Avenue Qのネタになっていましたよね(カッコイイ男性の代名詞として)。
そんな彼の酔っぱらった映像に衝撃を受けたことを思い出しました。
ここにはふさわしくないのでうちのブログでまた触れてみたいと思います。みる必要もないかも知れませんが。

2010/07/05(月) 17:09:22 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集]
Re: DAVID HASSELHOFF
>himikaさん
ブログでのご紹介ありがとうございました。
実は私、Avenue Qを見たことがないので、良い男の代名詞だったとは
知りませんでした。
酔っ払い映像も見せていただきましたよ~。確かに衝撃ですね(笑)。
あれがさらにパロディ版のパペットができているところが、
どういう展開? Avenue Qがらみ?と不思議ですけど(笑)。
2010/07/08(木) 23:57:00 | URL | 柚子 #-[ 編集]
いまさらのお返事ですが、「Avenue Q」に出て来るロッド(顔の青いパペット)はゲイなんですがそれを隠していて、同居しているニッキー(緑色の顔のパペット)に思いを寄せているのですが、ある日寝ぼけたニッキーが「ロッド、愛してるよ」と言い出し、「DAVID HASSELHOFFに似てるね」とか言うのですっかり舞い上がってしまうのですが、実は寝ぼけているのはロッドの方だった、という部分があるんです。
最後にニッキーはロッドのためにマッチョな男性を紹介するのですが、その辺もDAVID HASSELHOFFのイメージなのかなと思いました。

なぜDAVID HASSELHOFFの映像のパペット版があるのかわかりませんが、「Avenue Q」がらみなんでしょうかねえ??

「Avenue Q」自体が実在の子役を茶化したり、人種差別もちょっとくらいいいじゃん、みたいな内容だったり、「他人の不幸は蜜の味」という意味の歌があったりするくらいなので、この酩酊映像はからかいのネタにはちょうどいいかも知れませんね。
2010/07/15(木) 22:53:00 | URL | himika #mQop/nM.[ 編集]
>himikaさん
詳しくコメントありがとうございます。
酩酊映像のパペット版は謎ですが(笑)、やっぱりAvenue Qがらみという気がしますね。
今はOFF BROADWAYでの上演になっているAvenue Q。次回は見られるかしら??
2010/07/22(木) 03:11:35 | URL | 柚子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gogony.blog5.fc2.com/tb.php/281-6f3589c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック