[PR] グループウェア メトロポリタン美術館は朝一入館がお勧め♪ - ニューヨーク一人旅 DREAMING NY

ニューヨーク一人旅 DREAMING NY

毎年のようにニューヨーク一人旅をしている私が、一人で入れるレストラン、NY観光スポット、一人旅に向くホテル、最新ブロードウェイミュージカル情報、NY旅行記など、NY情報満載でお届けします!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
気がついたらニューヨーク滞在最終日になっていた、前回。
ほぼ毎回行ってるメトロポリタン美術館に行こうかどうしようか、行けても午前中いっぱいくらいしかいけないのに20ドルは…(^^;と思って悩んだのですが、まあ2時間でもいいや、と思い、オープン直後の9:30過ぎに行ってみました。

met0901.jpg
いつ見ても壮大な入り口ですね。
met0902.jpg
今回はフェルメールの特別展示があって、牛乳を注ぐ女(英語だとMilk Maidというのですね)が見られました。前回来日展示したときに行けなかったので、嬉しかったです。今回フェルメールは撮影禁止だったので写真ナシですが。
(通常展示のときは、フェルメールの絵も写真に撮れます)

met0903.jpg
中に入ってみてビックリ! この時間帯だと人がほとんどいないんですね。もちろんそれなりにお客さんが入ってるのだろうけれど、館内広くて散らばってるから、それぞれの部屋には人がいないような状態。
今まで何度もこのデンドゥール寺院に行ってますが、自分ひとりでこの寺院の中に入ったのは初めてです!
なんだかタイムスリップしそうな感覚に陥りました。



met0904.jpg

メトロポリタンの中でもこの空間がとても好きなので、満喫できました。
met0905.jpg
いつもは行列ができているpetri court cafeもすぐに入れます。この時間帯は朝食もやってるんですね。
「ティファニーで朝食を」ならぬ「メトロポリタンで朝食を」もいいかも(笑)。
met0906.jpg
ペトリコートカフェの中。メトロポリタン美術館の中にあって、セントラルパークを見ながらお茶&お食事ができる場所です。気持ちが良い空間ですよね~。

写真をアップした以外のところも本当に人が少なくて、ゆっくりと鑑賞できました。朝イチのメトロポリタン、これからクセになりそうですに子。
関連記事
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
コメント
この記事へのコメント
何度行っても、楽しめるところですよね。
と言っても、最近はルーフガーデンしか行ってないというか、鑑賞していませんが。。。
ルーフガーデンだけで20ドルは高い!って思うのですが、行かずにいられなくて。。。
セントラルパークも見えますし、ビル群も見えるので。

ところで、
ペトリコートカフェのご紹介ありがとございます!
1番最初にメトロポリタンに行った時、ここでお茶しました。
しかし、昨年も一昨年もなぜかこのカフェにたどりつけず。。。
でもまた行きたいと思っています。
2010/02/19(金) 21:41:02 | URL | yok #-[ 編集]
メトロポリタン美術館は、donation制なので、実際は$20でなくてもいいはずです。
$20は推奨値ですね。
2010/02/21(日) 12:42:16 | URL | seeya #xWgw5SaU[ 編集]
>yokさん
ルーフガーデンも気持ちよいですよね~。大好きな場所です。確かにメトロポリタンは広いので、目当ての場所まで行くのが大変です(笑)。

>seeyaさん
コメントありがとうございます。donationであることはもちろん存じ上げております(^^)。ただ、「20ドル」と大書してあるのを見ると、20ドル以外の金額を払う気持ちになれないのは、私が小心な日本人だからでしょうか…(笑)。言葉足らずで失礼しました。
2010/02/22(月) 01:19:26 | URL | 柚子 #8BVVCO5Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gogony.blog5.fc2.com/tb.php/266-587a8496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック