[PR] グループウェア 2010年04月 - ニューヨーク一人旅 DREAMING NY

ニューヨーク一人旅 DREAMING NY

毎年のようにニューヨーク一人旅をしている私が、一人で入れるレストラン、NY観光スポット、一人旅に向くホテル、最新ブロードウェイミュージカル情報、NY旅行記など、NY情報満載でお届けします!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
前回のニューヨーク旅行中、ブリーカーストリートにある「August」オーガスト というイタリアンレストランでランチに行きました!
何でここを知ったかというと…日本の雑誌、確かFIGAROに載ってたんです(笑)。
実は前々回も前を通りかかって素敵そうだな…とチェックしてたので、今回念願叶いました♪

August 公式サイト
住所359 Bleecker Street
AugustのCitysearchのページはコチラ

august1.jpg
お店の前はこんな感じ。ちょっと暗そう?に見えて、前回は入りにくく感じたんですよね。それが!
august2.jpg
このお店は、店内を通り過ぎて、中庭(屋根がガラス張りになっていて、サンルームのような感じになってる)でランチが取れるようになってるんですよ。急に視界が開ける感じにちょっと感動!
日の光が温かく、とても気持ちよかった。ご近所のレンガ作りの家が見えるのも風情がありますね。
12:20くらいにお店に入ったときは、こんな感じで人がいなかったので写真が撮れたんですが、その後どんどんお客さんが来て満席に。

august3.jpg
私はHALF SANDWICH AND SOUP のセット13ドルとアイスティーを頼みました。量的にも程よく、なかなかおいしかったです。
august4.jpg

ウェストヴィレッジの気取らない感じが素敵で過ごしやすいレストランです。夜よりは日が当たるランチタイムにぜひ行っていただきたいです。
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
関連記事
スポンサーサイト
前回のブログでご案内した、BSフジの特番「西川貴教とブロードウェイミュージカル」、残念ながら「NEXT TO NORMAL」はやらなかったですね~(涙)。でも、「サイド・ショウ」のスペシャルライブで流れた映像では、貴城けいさんが「これからNEXT見まーす」と劇場近くで話してる様子が何度も映ったんですけど…。

貴城さんと彩乃かなみさんがニューヨークを訪れて、現地レポしつつ「ザ・ミュージックマン」と「サイド・ショウ」のご案内をするという番組でした。
お二人が見に行った、とテレビで放映になったのは「BILLY ELLIOT」。今上演中のものとして「ROCK OF AGES」「WEST SIDE STORY」の映像と、「COME FLY AWAY」の写真が映りました。
(踊ってるKARENがカッコイイ!)

ニューヨークの映像にも目が釘付けに(笑)。
映ってたのは、ブロードウェイのグッズショップ「THEATER CIRCLE」。ル・パーカー・メリディアンのNORMA'S でブランチ(かな?)。ワッフルおいしそうだったけど、すごい大きかった。「コレは食べても減らないね」と言ってたのは、きっとそのとおりだと思う(笑)。
ソーホーのDELICATESSENというレストランはなかなかクールでかっこよい感じでしたね。
BDCでのダンスレッスンの様子や、リンカーンセンターで両舞台の映像を見てきた様子が描かれてました。番組中ではリンカーンセンターで保存してある舞台映像を申し込みすれば「誰でも見られます」と言っていましたが、そうなの?


さてさて、その番組でも特集されていた「サイド・ショウ」昨日見てきました。

結合双生児の姉妹がフリークスたちのショウ(=サイド・ショウ)からエンターテイメントの世界に移っていくサクセスストーリーの一面と、差別や偏見も描かれるシリアスな部分とがあいまった作品でとても見ごたえがあり、感動しました。正直、胸にぐさぐさと突き刺さる内容ですが、双子の二人が現実を受け入れて、それでも前に向かっていこうとするラストシーンには泣いてしまいました…。

双子のお二人、貴城さんと樹里咲穂さんもとても素晴らしかったです!
残念ながら今日で千秋楽でしたが、ぜひ再演してもらって、皆さんにも見ていただきたいですね。

ミュージカルってなんてこんなに幅広い、というか、心の奥を揺さぶるような深い感動を与えられるのだろうか、と改めて感じてしまいました。

※余談ですが、今、「サイド・ショウ」関連のブログを探して読んでたら、アンサンブル出演者の方のブログを発見して、「今までミュージカルのアンサンブルで出演していて、こんなに沢山お芝居の話しをしてくれた演出家は板垣さんだけでした」というのを読んでちょっとショックを受けました。ええっ、じゃあ、他の演出家さんは…と。
もちろんブロードウェイと比べたら作成にかける時間も短いだろうけど、でも、メインキャストだけじゃなく、アンサンブルまでもちゃんと芝居してなきゃ、作品成り立たないですよねぇ…。うーん。とりあえず、がんばれ、日本のミュージカル。



ブロードウェイ初演版のヴァイオレット役は、「NEXT TO NORMAL」のALICE RIPLEYが演じてます。デイジー役はEMILY SKINNER。
下はトニー賞でのパフォーマンスです↓。


今は家でこのCDずっと聞いてます!↓
Side Show (1997 Original Broadway Cast)
Original Broadway Cast Recording
B0000029M3


上のリンクはAmazonなのですが、今ってAmazonは全品無料配送キャンペーン中なんですね。(キャンペーンの終了日は今のところ未定、と書いてあります)
このCD、全曲収録版(ハイライト版でないです、と言っても、会話っぽい歌のところは入ってないですが…)で947円ととってもお得価格な上、送料無料で買えちゃいます。「ドリーム・ガールズ」のクリーガーの作曲で名曲ぞろいなんですよ~。お勧めです!

ついでに、こちらも。
Next To Normal [Original Broadway Cast Recording]
ALICE RIPLEY
B001VRDRFG

banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
関連記事