[PR] グループウェア 2008年11月 - ニューヨーク一人旅 DREAMING NY

ニューヨーク一人旅 DREAMING NY

毎年のようにニューヨーク一人旅をしている私が、一人で入れるレストラン、NY観光スポット、一人旅に向くホテル、最新ブロードウェイミュージカル情報、NY旅行記など、NY情報満載でお届けします!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
ニューヨーク旅行中の移動に欠かせない足が地下鉄。
ニューヨークの地下鉄の駅は、駅ごとにいろんなアートが施されていて、各駅チェックしたくなっちゃいますよね。

タイムズスクエアにあるターミナル駅、42nd Street 42丁目駅に行くとひときわ目に付くこの壁画。幅10メートルはありそうな、巨大な壁画です。
42st1.jpg

これは実はポップアートの巨匠、ロイ・リキテンスタインRoy Lichtensteinの作品なんですよね。
皆さんはご存知でしたか? (私は今回知りました(笑))
写真がぼけちゃいましたが、ちゃんとリキテンスタインのサインが入ってます。
42st2.jpg

レプリカでなく、こうやって大家の作品をそのまま飾ってあるところがとても素敵です。
こうやって身近にアートが感じられるところがニューヨークの魅力ですよね。この壁画も是非一度チェックを!
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
関連記事
スポンサーサイト
フェリーに乗ってエリス島に着きました。
sta15.jpg
エリス島は、昔ニューヨークに移民しようとした人が手続きをした島。ニューヨーカーのルーツともいえる場所です。

sta16.jpg

壮麗なホール。
sta17.jpg

窓から自由の女神が見えます。昔の移民は、初めてニューヨークに着いてエリス島で自由の女神を見たとき、なんて思ったんだろう……?なんてことを考えてしまいました。

sta21.jpg

sta18.jpg

このエリス島の移民管理局が廃止になったあと、一時期建物は廃墟となって荒れ果てていたのだそうですが、多くの人から寄付を募り、移民博物館として整備されたそうです。
これは寄付した人の全員の名前が刻まれているもの。「これ、あなたの名前!?」「そうだよ」なんていう会話が聞こえてきました。
たしかに、自分の先祖が通ってきた、いわば自分のルーツに関るところですものね。率先して寄付したい気持ちにもなるよなあ……などと思いました。

sta19.jpg

14:50のフェリーに乗って、再びバッテリーパークへ。
こんな自由の女神サンたちが出迎えてくれました(笑)。

sta20.jpg

ということで……。
初のリバティ島上陸で自由の女神へ行ってきたわけですが。
チケット売り場についてから、フェリーに乗って再びバッテリーパークに戻ってくるまで、4時間かかりました。半日がかりになっちゃいますね。
「どうしてもリバティ島に上りたい! 自由の女神の足元まで行きたい!」という思い入れがある人とか、リピーターは良いけど、初めてのニューヨークで時間が限られている中なら、私が以前使ったクルーズやスタテン島無料フェリーでもよいかもしれません。そちらなら1時間だし。

(昔は自由の女神の王冠部分まで上れたのですが、今はテロ警戒のため上れないのです。王冠部分まで上れると、また印象も違うと思いますが)

個人的には「やっと行ったわ」って感じがしたので、よかったんですけどね(^^)。
私見ですが、何度目かのニューヨークならお勧め、初めてのニューヨークなら(思い入れがある人以外は)あえて行かなくても……という感じかもしれません>リバティ島上陸。

banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
関連記事