[PR] グループウェア ミッドタウン - ニューヨーク一人旅 DREAMING NY

ニューヨーク一人旅 DREAMING NY

毎年のようにニューヨーク一人旅をしている私が、一人で入れるレストラン、NY観光スポット、一人旅に向くホテル、最新ブロードウェイミュージカル情報、NY旅行記など、NY情報満載でお届けします!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
このスピードで書いていると、次回ニューヨーク旅行までに前回の報告が終わらないのではないか…と焦りを覚え始めた柚子です(苦笑)。
ということで、できるだけスピードアップしてお届けしたいと(できるか?)。

さて、今回のニューヨーク旅行で初めてステーキ専門店に訪れました。
一人旅だとなんとなく敷居高く感じるステーキレストラン……。でもまあ、ランチだったらいいかしら、と思って(だって、本当は肉好きなのです、私(笑))、老舗ヴォルフガング・ステーキハウスに行ってみました。

Wolfgang's steakhouse 
公式サイト
ニューヨークいちのステーキハウスと言われているブルックリンの老舗・Peter Lugerで長年ヘッド・ウェイターを務めていたWolfgangさんが独立して作ったお店で、ニューヨークでも人気のステーキハウスだそうですよ。

私が行ったのは、54stのミッドタウン店。
ランチタイムは結構遅くまでやってるので油断して遅めに行ったら(14時すぎ)お客様ひと組しかいなかった(^_^;)。でも、快く入れていただきました。

20120724141723-346.jpg

クラシックで趣のある店内です。重厚な雰囲気。でも、お店の方が親切だったので居心地はよかったですよ。

20120724141732-411.jpg
最初のテーブルセッティング。

20120724142122-481.jpg
野菜不足を感じたので、シーザーサラダ。でも量が多かった。サラダパリパリで美味しかった~。
20120724143950-330.jpg

そしてメインのお肉!
フィレミニオンで28ドル(+tax)。でも、アメリカのお肉って食べきれない!っていう量を想像すると思いますが、これは程よい量。普通の日本人女性でも完食と思います。

20120724144859-134.jpg
焼き加減をお見せするため(ちょっとお見苦しくてすみません)。霜降りじゃない赤身のお肉なのに、ジューシーなのは絶妙の焼き加減だからか?
お肉好きとしてもとても満足できるお味でした!

お会計はステーキ、シーザーサラダとアイスティ、税金とチップで58ドルくらい。お昼にしてはちょっと贅沢ですが、ま、旅行中だし(笑)たまにはいいですよね~♪ お肉美味しかったし。

ここのお店も素敵ですが、お一人だったらタイムズスクエア店の方が一人客が多そうなので、入りやすそうな気がします。ミットタウン店は重厚、タイムズスクエア店は最近できたお店なので(外から見ただけですが)明るくてきれいでした。
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
関連記事
スポンサーサイト
「ニューヨーク一人旅で各国料理が食べたい!」がテーマの一つなのですが(笑)、前回のNY旅行でもタイ料理屋に行ってきました。

TOPAZTHAI.jpg

TOPAZ THAI
127 W 56TH St Ste 1
ミッドタウン
(ヒルトンニューヨークの近くです)

ZAGATに載っているお店です……ZAGATのページ。前も書いたと思いますが「ZAGAT RATED」のシールは突発でお店に入ろうかどうしようかと思ったとき、一定レベルのおいしさの目安になるので(ZAGATに載ってる=外れない、そこそこはイケルはず)チェックしてみて下さいね。

さて、このお店、2001年にヒルトンに泊まったときに「近くでおいしいお店を…」というので探していったところです。それ以来なので大分久しぶりですね。
前はディナーで行ったのですが、今回はランチで。

ランチはとってもお得感があって、7.1ドルから。私はシーフードフライドライスをいただきました。
(写真撮ったけど、あまりにボケてたのでやめておきます…)
9.2ドルでした。

美味しかった~! 適度なピリ辛さが食欲をそそって、結構量が多かったけど完食しちゃいました♪ 

確か15時近くに行ったのですが、まだランチでいただけました。(NYって日本よりランチタイムをやってる時間が長い気がする)
その時間でも数組はお客さんが入っていたし、いわゆるランチタイムの12時あたりはかなり込み込みのようなので、ちょっと時間調整してから行ったほうがいいかも。

ブロードウェイの劇場街まで10分ちょいで着くと思いますし、お店の人もなかなか親切。日本人なのでアジアンな味をいただくとちょっとほっとできますよね(^^)。特にランチタイムは一人でも気軽に入れるお店だと思います。

banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
関連記事
ニューヨークには日本にない雰囲気のお店がいろいろありますが、ここもその一つ。
CRATE & BARREL
公式サイト

こちらは家庭用品や家具、雑貨のお店。家庭用品とか料理道具って、日本とはまた違ったモダンな感じが素敵なんですよね~。

ニューヨークには2店あって、私が行ったのはミッドタン、MADISON AVENUEのお店(650 MADISON AVE.
5番街のアップルストアの近くです)
他にもSOHO店もあり。

店内はこんな感じでなかなかオシャレ。
CRATE1.jpg

商品の品揃えが多いのと、お高いものからお安いものまであるのがいいなと思いました。
グラス類がすごくセールになっていて買って帰りたかったのですが、持ち帰るタイヘンさを考えて断念しました(^^;ゞ。

CRATE2.jpg
お土産に向きそうな小物も結構置いてありましたよ~。雑貨好きな方にはお勧めです(^^)。
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
関連記事
ニューヨーク公共図書館 NEW YORK PUBLIC LIBRARY(ミッドタウンの本館)に今回のニューヨーク旅行で行って初めて知ったのですが、こちらではパソコン利用が無料でできるのですね。もちろんインターネット接続してあります。
氏名など必要事項を書いて当日申し込めば、無料でインターネットアクセスできるそうです。(「30分以内、という時間制限がある」という書き込みも発見したので、利用時間は現地でご確認下さいませ!)
アップルストアなどと違って座ってじっくりアクセスできるのは嬉しいですよね。

pl7.jpg

壮麗なパブリックライブラリーの中でたくさんのコンピュータが並んでいるのは、なかなか圧巻でした♪
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
関連記事
2009年第一弾もSATCネタから…♪
今回のニューヨーク旅行で、初めて行ったのがNEW YORK PUBLIC LIBRARY。
「SEX AND THE CITY THE MOVIE」で、本を返しに行ったキャリーがその美しさに打たれてここで結婚式を挙げることを決める……という印象的な場所です。

NEW YORK PUBLIC LIBRARY 公式サイト

PUBLICとあるので「ニューヨーク市立図書館」と訳すのかな、と思ったのですが、「ニューヨーク公共図書館」と訳すほうが正しいようです。(ニューヨーク市立ではなく、独立法人で、大半は民間の寄付から成り立っているのだそうです)
ミッドタウン5番街&42丁目にある本館は1897年~1911年に建てられたということで、まさに歴史と共にある図書館ですね。

pl1.jpg
入り口のライオンが目印。今は補修工事中なのがちょっと残念。早速中へ入ってみましょう!

pl2.jpg
1階のホール。ちゃんとセキュリティチェックがあります。

pl3.jpg
この階段からキャリーが上を見上げながら上がってましたよね(^^)。

pl5.jpg
キャリーに習って私も上を見上げると、美しい天井画が。

pl4.jpg

pl6.jpg
図書館の中も自由に見学できます。本を読んでる方の邪魔にならないように、各部屋を回ってきました。この絵は昔のタイムズスクエアですよね。100年くらい前はこんなだったんだなぁ…と感慨深い思いです。

どこもかしこも素敵で雰囲気があった、ニューヨーク公立図書館。今回、足を運んでよかった場所の一つです。
banner_02.gif◆ランキングを応援していただけたら、とても嬉しいです◆
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ◆こちらもランキング応援お願いします◆
sponsored link
関連記事